荒川区で人気の塾に通う|個別と集団のタイプの違いとは

  • 投稿日:
荒川区で人気の塾に通う|個別と集団のタイプの違いとは

個別指導塾の特徴

マンツーマンでの指導、または生徒2人~3人に対し講師1人での指導形式をとっている塾が個別指導塾です。生徒一人一人の学習状態にあわせて講師がカリキュラムを作ることができ、生徒は自分のペースで学んでいけます。

個別指導塾では振替制度を設けている場所も多く、「理解できない」「ついていけない」といった状況に陥ることが避けられます。

個別指導塾のメリット・デメリット

少人数制なので、生徒がわからない部分を講師に聞きながら勉強を進められます。ひとりひとりの学習の計画を立てやすい点もメリットと言えるでしょう。

さらに、講師との相性が悪い場合は講師を変えてもらえるケースもあります。

一方、家で一人で学ぶのと似た環境なので学習意欲が下がることがあるため、勉強意欲を維持する工夫が必要になります。また、集団塾に比べると費用が割高になる場合もあります。

集団塾の特徴

決まった時間に10~30人程の生徒が塾に集まり、一人または二人程度の講師が多数の生徒を相手に講義する形式です。

学校での授業形式と変わりありません。決められたカリキュラムで講義を進めていきます。生徒は講師が教える内容に沿って学んでいきます。要所要所で個別でフォローする塾もあります。大手の塾や進学塾などは集団塾であるケースが多く見られます。

集団塾のメリット・デメリット

受験に関する情報が多く全国模試に参加できるというメリットがあります。年間を通したカリキュラムを組むので学習習慣が身につきやすく、他の生徒がいることで刺激を受けて新たな目的を設定しやすくなります。

ただし、わからない部分があってもそのままカリキュラムは進んでしまう傾向にあるため、講義が難しいとモチベーションが下がるかもしれません。うるさい生徒がいると学習の妨げになりますし、集団塾の雰囲気があわないとう生徒もいます。

荒川区で高校受験に特化した塾なら!口コミと評判が物語る学習塾5選